ビタミンのサプリメントによる副作用

ビタミンサプリメントを飲むことで、副作用が出ることはあるでしょうか。
サプリメントは何種類かありますが、ビタミンサプリメントを使う人は多いようです。
健康状態の維持にはビタミンが非常に役立ちますが、ビタミンを過剰に摂取するとよくない作用が出ることがあります。
どのようなビタミンを摂りすぎると副作用がおこるのでしょうか。
ビタミンは水溶性ビタミンと脂溶性ビタミンに分けられます。
ビタミンBやビタミンCは水溶性のビタミンです。
たくさん摂取しても、尿に溶けだして出ていきます。
脂溶性ビタミンはビタミンA・K・D・Eなので、体に吸収されやすいという特徴があります。
ビタミンの吸収量が過剰になっても、体の外に出されにくいことがあります。
もしもビタミンが体の中で多過ぎる状態になった時は、体調にはどんな風に反映するのでしょう。
ビタミンAを摂りすぎた時には、めまいや嘔吐感、頭の痛みなどのトラブルが起きるといいます。
もしもビタミンEを過剰に取り入れると、カルシウムが細胞につながって細胞硬化などが起きます。
水溶性ビタミンにも実は副作用があります。
1日に10グラム以上もビタミン剤などで摂取してしまうと、一過性の下痢や嘔吐の可能性があるといいます。
ビタミンは健康にいいという印象があるため、サプリメントを使うとつい過剰に摂取してしまう人は少なくありません。