サプリメントの副作用

サプリメントを使う人は、年齢や性別を問わず多くなっています。
サプリメントは軽い気持ちで体に必要な栄養が補充できるもので、現代人の食生活をサポートします。
薬のように副作用が生じることはないというイメージを、サプリメントに対して抱いている人も多いですが、副作用リスクは考えるべきことです。
サプリメントの副作用として代表的なものがビタミン過剰症です。
過剰摂取をしても水溶性のビタミンであれば尿として対外に排出されます。
ビタミンA、ビタミンD、ビタミンKは脂溶性で、脂肪組織にくっつくことが多いため、気をつけなければなりません。
一部のミネラルにも過剰摂取の危険があります。
サプリメントでミネラルを摂取する場合には、バランスが大事になってきます。
栄養の偏りが起きないように、サプリメントの飲む量は注意をしていきましょう。
サプリメントを使っている人の中には、病院から処方された薬がある方もいるでしょう。
薬の成分とサプリメントの成分が、よくない効果を引き出すこともあります。
ビタミンCは、鉄排泄剤などと一緒に摂取することで、尿路結石ができる危険性があるといいます。
血流改善効果があるビタミンEは、抗凝固剤や血栓防止薬と併用すると薬の効果を強めたり弱めたりする性質があり、想定した効果が出ない可能性があるようです。